旅行・アクティビティ

火の国アイスランド

2014年と2016年のそれぞれ9月、アイスランドを旅行し、「火」を体験することができた。

参考:ナショナルジオグラフィック「2014.10.14 止まらないアイスランドの火山流」

2014年北アイスランド・ミーバトンから南の空を望む。赤く光っている。


軽飛行機で現地へ。
土砂や灰で覆われたバトナ氷河と溶岩の噴出・流れの共演。火と氷の国アイスランドを見た。

有毒ガスを含む白い噴煙、火山灰を多く含むものだったら飛行不可に、良かった。



溶岩台地の割れ目から噴火、同乗した外国人が「Very impressive!」と叫ぶ。


2年後、溶岩が流れ出た面積は85平方キロ(山手線内側のそれは63平方キロ)。広大だ。



大きく口を開けた細長い噴火口、威厳に満ちた城壁のよう。


溶岩流の跡、蛇行し干上がった川の様相を呈す。


川を挟んでにらみ合う、新しい溶岩台地と氷河舌端。

アイスランドでなければ、このような経験はできなかったでしょう。
アイスランドでも、同じことに巡り合うことはもうないでしょう。
観光案内所のデスク上には、手書きで once in a lifetime span と書いてあった。

【ライター:藤井勝善】

アイスランドの情報をお届け!
気に入ったらいいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでアイスランドマーケットをフォローしよう!