food

アイスランド料理

アイスランドのレストランでは、美しく清らかな自然環境で育てられ、収穫されたピュアな食材がふんだんに使用されています。 アイスランドの魚はその質の良さで知られ、国際基準に基づいて漁獲され、最高の業界水準に沿って加工されます。 アイスランドのラムもまた、驚くほど軟らかさを誇り、国を代表する名産品です。アイスランドの羊は高地で夏の放牧期を過ごすのですが、餌となる山のハーブがその精細な肉を風味豊かにしています。 有機野菜はアイスランド中の地熱温室で栽培されており、国内需要の大部分をまかなっています。ピュアで濃厚な、ヨーグルトに似た低脂肪高タンパク乳製品のスキールも、アイスランドの豊かな食文化の礎となっているのです。

アイスランドでは、食べ物、文化、伝統が密接に絡み合っています。過酷な自然条件下で生きのびるたmに、アイスランド人は通常、乳清(ホエイ)状態の発行か鹹水(かんすい)漬け、あるいは場合によっては乾燥や燻製によって食品を保存します。これらの伝統的な保存法や食文化は、毎年、古代のソッリ(Thorri)月に当たる1月/2月中の真冬のお祭りで感謝をささげます。

20世紀になり、外国の文化が流入するに従い、アイスランド料理や食文化も同じく影響を受け、インターナショナルな風味が加わりました。北欧地域の食材の多様性をアピールし同地域の質が高く、シンプルでクリーンで論理的な生産を広報する近年の「新北欧料理のムーヴメント」が、皆さんが納得する、アイスランドの食文化のクオリティの高さに一役買っていることも間違いありません。

おすすめアイスランド料理

アイスランディック・ロブスター(手長エビ)

アイスランドでロブスターといえば、手長エビのことを指します。タリアテーレ(パスタ)とアイスランドハーブの、アイスランディック・ロブスター炒め。アイスランドの町々はそれぞれが漁港に近いため、いつでもどこでも獲れたての新鮮なアイスランディック・ロブスターをご堪能頂けます。地産のバターやハーブなど、地元の食材と合わせてぷりぷりの食感をお楽しみください。

スキール

食感はヨーグルトのようですが、製法的には軟らかいチーズに似た発酵乳製品「スキール」。低脂肪、高タンパクで人気の高く、ブルーベリーや少量のクリームとよく合います。アイスランドの日用食品として知られています。

ラム肉

food02

アイスランドの羊は伝統的に夏に高地で放牧され、山特有のハーブ、特にタイムを食べて育ちます、これが脂肪の少ない肉に繊細で風味豊かな香りを加えます。

プロックフィスクル

food03

煮魚、ジャガイモ、タマネギが入ったホワイトソースのフィッシュ・シチューはルークブラウズ(アイスランドのライ麦パン)とアイスランド産のバターが添えられます。元来余りものを無駄なく食べるための料理でしたが、今ではアイスランドのオリジナル料理と考えられています。

ルグブロイス

food04

色が黒く、ずっしり密度のあるライ麦パン。一般的には甘めのテイストで伝統的には壺で焼くか、温泉近くの地中に埋めた専用の木の樽で蒸し焼きにされていました。よく魚料理に添えられます。非常にヘルシーな食材です。

ハルズフィスクール

food05

通常コダラまたはタラから作られる干し魚。多くのたんぱく源を含むので、アイスランドではうきーるに加えて、もう一つの日用食品となっています。老若問わず人気のおやつ。バターをのせると、さらに美味しくなります。

アイスランドのブレンニヴィン

food06

厳密にいうと「食べ物」ではありませんが、一般的に「ブラック・デス」として知られるアイスランドの蒸留酒もアイスランドの食文化に欠かせない一品です。発酵させたジャガイモから作られ、キャラウェーの実で風味付けをします。飲み過ぎに注意。

出典:http://www.visiticeland.com/

アイスランドのレストラン

首都レイキャヴィークでは国際的な会議やイベントが開催されるほか世界各地から観光客が訪れることもあり、他の国の大都市と同じようにイタリア料理、フランス料理、中華料理、タイ料理、寿司など多彩なレストランがそろいます。 レストランだけでなくカフェも多く、気軽にアイスランドの新鮮な食材を楽しむにはぴったりです。

おおまかな目安として最高級のホテルの中にあるレストランで前菜はISK 2,000、メインISK 4,000~6,000、デザートISK 2,000程度です。手長エビを専門店で食べると少し割高で、ロブスタースープの前菜ISK 2,000、300gの手長エビグリルでISK 6,500なのでシェアするといいかもしれません。 市内のレストランで平均的なのは3コースでISK 7,000程度(飲み物なし)、カフェでパスタやハンバーガープレートなどを食べる場合はISK 2,000前後。ビールは500mlでISK900前後です。

hotdog

また、アイスランドの代表的なファーストフードといえばなんといってもホットドッグです。揚げ玉ねぎと生の玉ねぎ、特別なホットドッグマスタードで味付けされていて、アイスランド中にスタンドがあるISK 250前後と手軽なところからもアイスランド人の生活になくてはならないファーストフードです。 アメリカのクリントン元大統領がアイスランドを訪れた際にホットドッグを食べたスタンドは元々地元の人に人気が高いスタンドで、今では観光名所の一つになっており、行列していることも珍しくありません。 「クリントン元大統領のホットドッグスタンド」はレイキャヴィークの港近くにあり、レイキャヴィークに住むアイスランド人で知らない人はいないに等しいので誰に聞いてもすぐ分かります。 レイキャヴィーク以外の郊外でも比較的大きな街ではホテルのほかレストランでアイスランドの新鮮な素材を活かした料理が食べられます。街によってはホテル以外に食事ができるところがないこともあるので、ご注意下さい。

出典:http://www.vikingtravel.jp/

アイスランドの情報をお届け!
気に入ったらいいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでアイスランドマーケットをフォローしよう!