歴史・コラム

アイスランドの庶民派大統領

昨日のアイスランドのニュースにて大統領である Guðni Th. Jóhannesson(グドニ・テーハウ・ヨーハンネスソン)さんがプライベートで習慣として行っているジョギング中に大統領宅付近にて市民に発見され、その際に一緒に撮影した写真がSNSに投稿され話題となりました。

大統領の行っていたジョギングはただ走るだけではなく「プロギング」と呼ばれるものでこのアクティビティではジョギングをしながらゴミ拾いをします。北欧のスウェーデンで2016年に始まり環境保全家の間で流行となっています。

大統領と遭遇した方は自身の投稿にて「自国の大統領がゴミ拾いをしていた事が誇らしい。」と話しています。

実はこの現大統領であるグドニさんは就任前まではアイスランド大学の歴史の先生だったキャリアを持つ庶民派の大統領でそれを思わせるエピソードが度々あります。

記憶に新しいのは今年度ロシアにて開催されるサッカーワールドカップの代表応援のキャンペーンのために国民に向けて夫人と共に動画を公開した事が大きくニュースとなりました。

また、以前にも市民が劇場に行った際に大統領に遭遇したというニュースもありました。その際にも一般の客として楽しみたいので一般発売のチケットで観劇をされていたとの事です。

 

アイスランドの情報をお届け!
気に入ったらいいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterでアイスランドマーケットをフォローしよう!